「リバーシブルー」7つのニュース!

9月30日にリリースされる新曲「リバーシブルー」。
MUSIC VIDEO。ジャケット。野音ライブ映像収録。
全国ツアー最速先行抽選シリアルナンバー封入…
これまで発表してきた数多の情報を、
7つのニュースとして、宣伝担当から紹介させて頂きます。

1.MUSIC VIDEOは、「日本一、夏が似合わない人」。

「会いたくない会いたくない会いたくない」という耳に強く残るフレーズ。
心は素直で、口が嘘をつく。「真逆の気持ち」が新曲のテーマになっている。
今回の楽曲「リバーシブルー」は、
「明星 一平ちゃん 夜店の焼きそば」(マヨンナ篇)のCMソングとしてお馴染みの曲。
多数のデモ曲におけるメロディーを集め、
Aメロ、Bメロにも全てサビを入れるつもりで制作を行ったという、
尾崎世界観のソングライティングの集大成ともいえる渾身の本作。

MUSIC VIDEOは、
「明星 一平ちゃん 夜店の焼きそば」(マヨンナ篇) CMでも
監督を務めた永口紗也香氏が、メガホンをとった力作。
“日本一、夏が似合わない人”というコンセプトをもとにメンバーがそれぞれの役を熱演し、
”会いたいな” ”会いたくない”という歌詞に紐付かせ、
役における”会いたい人” ”会いたくない人”を描写。
そして、なぜメンバーは撃たれているのか?
想像をふくらませてもらえたらとても嬉しい。

※永口監督による企画書の一部を公開永口監督による企画書の一部を公開

リバーシブルーの歌詞はこちら。
http://www.uta-net.com/song/191740/

2.ジャケットは真逆の気持ちから「ちゃぶ台返し」。

ジャケットは真逆の気持ちから「ちゃぶ台返し」

誰もが持っている気持ちの表裏、
その真逆の気持ちをちゃぶ台返しで表現。
ちゃぶ台と爽やかな青空から滲み出る、
捻くれているけれども清々しいところが、
クリープハイプらしいユニークな作品となっている。

夏が似合わないクリープハイプが爽やかな青空に舞うという違和感を狙った写真

そして、今回のアーティスト写真は、ジャケット写真と連動。
MUSIC VIDEOで描かれている"日本一夏が似合わない人"というコンセプトのもと、
夏が似合わないクリープハイプが爽やかな青空に舞うという違和感を狙った写真。

3.「東京の中心で○○○を叫ぶ」野音ライブ映像収録。

初回限定盤付属のDVDには「リバーシブルー」の
MUSIC VIDEOおよびそのメイキング映像に加え、
今年5月にクリープハイプが開催した日比谷野外大音楽堂で単独公演、
アルバム「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」発売後のツアーの集大成である、
「『一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう』総集編 ~東京の中心で○○○を叫ぶ~」より10曲分のライブ映像が収められる。この時のライブで尾崎世界観は、
「どんどん歳を重ねていって、お互いに進み続けて、またいろんなところで会いましょう」と観客にメッセージを送った。

「ヒッカキキズ」
「大丈夫」
「本当」
「エロ」
「愛の点滅」
「百八円の恋」
「社会の窓と同じ構成」
「ねがいり」
「ボーイズENDガールズ」
「二十九、三十」

野音ライブに来れた人も、来れなかった人も、
中野サンプラザでのライブを収録した映像作品
「クリープハイプの窓」(2013年10月19日リリース)以来となる、
待望のツアーライブ映像を、ぜひ感じて欲しいと思う。
宣伝担当の個人的な想いとしては、
アンコールの「二十九、三十」がどうも涙腺にくる。

4.先行封入「わすれもの〜つま先はその先へ〜2016」への想いと日程発表。

初回限定盤および通常盤の初回プレス分には、
2016年1月に行われる全国ツアー「わすれもの~つま先はその先へ~2016」の
チケットの最速先行抽選受付シリアルナンバーが封入される。

まず注目して欲しいのは「つま先はその先へ」というタイトル。
このタイトルを知っている人はいるだろうか?

実は、クリープハイプのメジャー1stアルバム
「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」のリリースツアーが「つま先はその先へ」。
今回のツアーも、その時と同じ場所をまわっていく。
北海道・COLONY、宮城・PARK SQUARE、東京・赤坂BLITZ、愛知・池下CLUB UPSET、
大阪・Shangri-La、広島・CAVE-BE、福岡・grafの7会場でライブを行う。

なぜ、原点に立ち返るのか?
なぜ、カップリング曲「わすれもの」と紐付けているか?
そのことに関して、尾崎世界観はこう語っている。
「あの頃は良かったよなとか生温い事言いたくないとは思っていても、ついつい思ってしまうから、だったらいっその事、あの頃に戻ってみようと思いました。今が一番だと思う為に。」
「初めてのワンマンツアー。もう一度やって、バンドもお客さんも、わすれものが見つかれば良いなと思ってやります。」

尾崎世界観の強い思い。ファンとの距離が近い会場での、全力のライブ。
ぜひこの機会にクリープハイプの生ライブを味わって欲しい。
そして、ツアー日程を本日解禁!

2016年1月
14(木)札幌COLONY
17(日)福岡graf
18(月)広島cave-be
21(木)赤坂BLITZ
23(土)仙台PARK SQUARE
25(月)大阪Shangri-La
26(火)名古屋UP SET

5.カップリング曲その1「カップリング」とは?

常にカップリングにも表題曲と同等に制作に注力してきた尾崎世界観が、
カップリングだからこそ伝えられることもあるという、"カップリング"の大切さを歌った楽曲。
「たまたま曲順がそうなっているだけで、楽曲を作るための労力、かけてる時間はどの曲も全部同じ」という、尾崎世界観の本心をぜひ感じて欲しい。

6.カップリング曲その2「わすれもの」とは?

映画「私たちのハァハァ」の主題歌として書き下ろされたクリープハイプの新曲「わすれもの」。
「わすれもの」のMVは「私たちのハァハァ」でメガホンを取った、
クリープハイプとは旧知の仲である松居大悟氏が監督を担当。
MVは映画本編の半年後を描いたサイドストーリー的な内容になっており、
主演女優の井上苑子、大関れいか、三浦透子、真山朔の4人が出演している。
映画「私たちのハァハァ」は、9月12日(土)テアトル新宿ほか全国公開。
クリープハイプのど真ん中ともいえる、疾走感とキャッチーさが織りなす楽曲。

7.渋谷に「真逆の気持ち」を告白!

リバーシブルーのコンセプト「真逆の気持ち」にかけて、
渋谷に「真逆の気持ち」を7つ隠しました。
それぞれの「真逆の気持ち」を発見してもらえたら嬉しいです。
近々、これにちなんだ特別な施策も予定しています。
決まり次第、またこちらでお知らせします。
ちなみにスポット映像も「真逆に」。
だれもが抱く「真逆の気持ち」を、その時の胸の内を、
リバーシブルーを聴いて感じてもらえたらと思います。

最後に。

「7つのニュース」は以上です。
今回のニューシングルは盛りだくさんです。
これからに繋がる特別で大切なシングル。
リバーシブルー的に言えば、売れたくない。
9月30日(水)発売!予約特典も用意しております。
クリープハイプの真逆の気持ちが届きますように。
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

初回限定盤ご購入はこちら >

  • CD
  • 1.リバーシブルー (明星「一平ちゃん 夜店の焼きそば」(マヨンナ篇)CMソング)
  • 2.カップリング
  • 3.わすれもの (映画「私たちのハァハァ」主題歌)
  • DVD
  • ・「リバーシブルー」ミュージックビデオ
  • ・「リバーシブルー」ミュージックビデオ メイキング映像
  • ・「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」総集編〜東京の中心で◯◯◯を叫ぶ〜@日比谷野外大音楽堂ライブ映像
  • 「ヒッカキキズ」
  • 「大丈夫」
  • 「本当」
  • 「エロ」
  • 「愛の点滅」
  • 「百八円の恋」
  • 「社会の窓と同じ構成」
  • 「ねがいり」
  • 「ボーイズENDガールズ」
  • 「二十九、三十」

通常盤ご購入はこちら >

  • ※初回盤と通常盤のCDにおける収録内容は同一になります。
  • ※初回プレス分封入特典(初回盤、通常盤 共通): 2016年全国ツアー「わすれもの〜つま先はその先へ〜2016」チケット最速先行抽選受付シリアルナンバーを封入

初回限定盤ご購入はこちら >

通常盤ご購入はこちら >

  • CD
  • 1.リバーシブルー (明星「一平ちゃん 夜店の焼きそば」(マヨンナ篇)CMソング)
  • 2.カップリング
  • 3.わすれもの (映画「私たちのハァハァ」主題歌)
  • DVD
  • ・「リバーシブルー」ミュージックビデオ
  • ・「リバーシブルー」ミュージックビデオ メイキング映像
  • ・「一つじゃつまらないから、せめて二つくらいやろう」総集編〜東京の中心で◯◯◯を叫ぶ〜@日比谷野外大音楽堂ライブ映像
  • 「ヒッカキキズ」
  • 「大丈夫」
  • 「本当」
  • 「エロ」
  • 「愛の点滅」
  • 「百八円の恋」
  • 「社会の窓と同じ構成」
  • 「ねがいり」
  • 「ボーイズENDガールズ」
  • 「二十九、三十」
  • ※初回盤と通常盤のCDにおける収録内容は同一になります。
  • ※初回プレス分封入特典(初回盤、通常盤 共通): 2016年全国ツアー「わすれもの〜つま先はその先へ〜2016」チケット最速先行抽選受付シリアルナンバーを封入